妊婦サプリをうまく摂取して健康で元気な赤ちゃんを産みましょう

適切な栄養価とは

診察室

お腹に新しい命が宿ったら、今までと違って、食事に気を使わなければなりません。なぜなら、胎児はへその緒から妊婦さんが食べたものの栄養を吸収しているからです。いわば胎児と妊婦さんは一心同体のようなものです。あらゆる栄養を与えるために、いろんなおかずを片っ端から食べるのはあまり好ましくありません。かえって胎児に悪影響を及ぼしてしまうのは勿論、自身にも反動が来てしまいます。こちらでは、妊娠中にうってつけな栄養素を含んだ食品について紹介します。参考にしながら、毎日の食事に取り入れれば、胎児にも妊婦さんにも良い影響を与えられます。

妊婦さんの食事に適した食材として挙げられるのは緑黄色野菜です。緑や赤、黄色と言った色味の濃い野菜を普段から食べていれば、妊婦さんは勿論ですが赤ちゃんにも十分な栄養を供給出来ます。緑黄色野菜には、ビタミン類・食物繊維・カルシウム・鉄分などの必須栄養素は勿論、免疫力を高めてくれる葉酸が含まれています。何より低カロリーなのでたくさん食べても太りにくいです。

豆製品には、植物系のタンパク質が豊富に含まれているので、赤ちゃんの成長のために欠かせません。赤ちゃんの体づくりに大切なのもそうですが、脂質が少なめなのでたくさん食べても太りにくいです。タンパク質は勿論ですが食物繊維も豊富に含まれているので、便秘解消効果も抜群です。豆製品を食事に組み込めば、妊娠期間中に生じる辛い便秘症状を改善するのに役立てられるのは確かです。